貴公俊の今後や引退の可能性は?付け人の名前も気になる!

貴乃花部屋の力士、貴公俊(たかよしとし)関が、
付け人を・・・
そんなニュースが流れてきました。

先日、貴乃花部屋の貴ノ岩関と
日馬富士の件も落ち着きを見せて、
今場所から復帰というこのときに。

う~ん・・・

今後どうなってしまうんでしょう?
まさかの引退勧告?謹慎?

双子の関取としても話題なので、
ちょっと顔はしってったんですが。
まさかこんなことで、はっきり認識することに
なろうとは。

弟の貴源治関はどう感じているんでしょう?

それよりも、付け人さんは大丈夫なんでしょうか?

気になったので、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

貴公俊の今後や引退の可能性は?

ことの経緯はこんな感じ。

大相撲の東十両14枚目、貴乃花部屋の貴公俊(たかよしとし、20)が18日、春場所の8日目の取組後、支度部屋で付け人に暴言を吐きながら、複数回、顔などを殴打していたことが目撃した関係者らの話で分かった。

関係者らによると、殴ったのは5、6発で、付け人は顔が腫れ、口の中を切って顔からだらだら血が流れており、その血を支度部屋のトイレで吐いていたという。支度部屋の入り口には、血痕が残っていたという。理由は、付け人が貴公俊に土俵下に向かうように伝えるタイミングが遅れたためではないかという。支度部屋にいた力士はその様子を見ていたが、止めた力士はいないという。

貴公俊は栃木県出身で、十両貴源治の双子の兄。双子の双方が関取となるのは初めてだった。元横綱日馬富士の傷害事件の被害者で3場所ぶりに出場している十両貴ノ岩(28)の弟弟子。貴乃花親方は今場所、2日目まで会場のエディオンアリーナに出勤しなかった。日本相撲協会からの指示があった後は会場に現れているものの短時間の滞在にとどまっており、この日も会場に現れたものの、貴公俊の暴行があったときにはすでに会場を後にしていた。貴公俊は今場所の新十両で、付け人も初めてついていたという。

日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は春場所8日目の18日、東十両14枚目の貴公俊(たかよしとし、20=貴乃花)が付け人に暴行したことを発表した。鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が貴公俊を呼び出して確認したところ、事実を認めたという。19日にも引き続き、詳細を聴取する予定。

引用元:ヤフーニュース

春場所の真っ最中。8日目の出来事。
これまでの成績は、中日を終えて、
「中日を終えて3勝5敗。」

なかなか伸びない成績に
苛ついてたんでしょうか?

理由は、付け人が貴公俊に、
土俵下に向かうように伝える
タイミングが遅れたためではないか?

ということらしい。

それにしても、兄弟子である貴ノ岩関が、
復帰したばかりのこの出来事。

あまりにも軽率ではないでしょうか・・・

世間様の声を集めてみました。

確かに、このタイミングでの、
この不祥事。

なにもないでは済まされないでしょうね・・・

明日の取組は休場でしょうか?
このまま引退勧告なんてことも・・・

貴乃花親方は、どう出るんでしょう?
貴ノ岩関のときは、すぐさま動いていただけに、
今回は知らぬ存ぜぬでは通らないかも。

明日の事情聴取後、何らかの動きがあるはず。
追って追記します。

「追記」

貴乃花親方の対応が素早かったですね~

「ちゃんこ番に降格させて、一から出直させます。」

「(新弟子が取る)前相撲からやりなさいということ」

だそうです。

一連の貴ノ岩関の騒動での、自分の行動が、
負担になっていて、そのことが、
弟子である貴公俊関に負担をかけていたのかと。

「師匠の方が精進しないといけない気持ちだ」

こう、切実な表情で話す貴乃花親方。
なんか初めてこの方の、感情が見えた気がしました。

日馬富士関は引退に追い込めれたというのに、
というような声がありますが・・・

今回の騒動で、「主任」以下の
任に配置される可能性も。

それ相応の処置は覚悟の上、
改革のためには前に進むしかないというのに、
それの歩みが止まるとしても、
今回はすぐさま対応したことの、
評価はしてもいいのではないでしょうか?

「追記ここまで」

スポンサーリンク

まだまだこれからの、20歳の力士。
双子で関取に!なんてものすごく、
ポジティブな話題だっただけに、

この出来事はショックすぎる・・・

弟の貴源治関はどう思う・・・
お互いをライバルに、切磋琢磨
してきただろうから、
彼が一番ショックを受けているんだろうな。

ちなみに見分け方は、ほくろの位置だそうです^^;
兄貴公俊は鼻の下にほくろがある。

引用元:あっぷあっぷ

付け人の名前は?

今場所の十両昇進で、初の付け人が
ついた貴公俊関。

それがこんなことに。

ちなみに相撲界での付け人とは、

関取の身の回りの世話をしながら、
相撲界のしきたりや、礼儀を学ぶ、
幕下以下の力士のこと。

十両で2から3人、幕内では、3から4人も
つくこともあるんだとか。

今回の、貴公俊関についた付け火は、
幕下以下の、貴乃花部屋の力士でしょうか?

ちなみに幕下以下の、貴乃花部屋の力士は、
この様になっています。

幕下
東幕下二十枚目 :貴健斗(たかけんと)
三段目
東三段目六十五枚目 貴天秀:(たかてんしゅう)
序二段
西序二段十四枚目 :貴大将(たかたいしょう)
東序二段十八枚目 :貴輝鳳(たかきほう)
西序二段三十枚目 :貴西龍(たかせいりゅう)引用元:日本相撲協会

 

お名前などは公表されていませんが、
早く怪我が癒えて、また稽古に戻れると、
いいですね…

「追記」

付け人の名前は、序二段の貴西龍関。
唇を腫らしながらも、取り組みに出たとのこと。

貴公俊関は、『すみません』と
謝ってくれたそうです。

それに対し、貴西龍関も

「自分も悪かった」と。

「付け人としてサポートできず、
関取に申し訳ないことをしてしまった。
もう動揺などなく、自分も相撲に集中したい。」

とのこと。

この言葉の意味を、貴公俊関はしっかりと、
噛み締めないといけない。

まだまだ若い。
「心技体」心に刻んで精進してほしいです。

「追記ここまで」

貴公俊関も、兄弟子としてすることは、
相撲界のしきたりや、礼儀を教えることですよね。

仮に礼儀がなってない態度をとっていたとしても、
これはいけない。

さてどんな結末を迎えるか・・・

これからの報道をチェックして、
詳細が分かり次第、追記していこうと思います。

どうなる相撲界。
心配です・・・

スポンサーリンク

こんなところまで読んで下さりありがとうございます!ちょっと面白かったよって思っていただけたら、下にあるソーシャルメディアボタンで、シェアしていただけると、飛び上がるほどうれしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です