臼井正彦(東京医大理事長)の学歴と経歴に顔画像は?妻や息子も気になる!



文部科学省の大学支援事業をめぐり、
東京医科大学に便宜(都合よくってこと)を
図った見返りに、佐野太氏の息子を
裏口合格させてもらった、くだんの件。

その便宜を図った人物が浮かび上がってきました。

その人物とは、同大学の理事長である、
臼井正彦氏(77)だったのです。

芋づる式にこういう件って、
いろんな人物が出てくるんですよね・・・

ということで、臼井理事長について
気になることを調べてみました。

スポンサーリンク
 

臼井正彦(東京医大理事長)の学歴と経歴に顔画像は?

関係者によると、臼井理事長は昨年5月、東京医科大を私立大学支援事業の対象とするよう当時、官房長だった佐野容疑者に依頼したという。謝礼として、今年2月に入試を受験した佐野容疑者の息子の点数を加算し、不正に合格させた疑いがあるという。

引用元:https://www.sankei.com

いやいやあかんでしょ。
裏口入学。

真面目にお医者さん目指して頑張ってきた、
学生さんたちに失礼です。

でも今回の件で、結局のところ、
佐野太氏も捕まり、息子さんも入学できないでしょうね。

ズルはだめ。

その件に関わってたのが、まさかの理事長と、
鈴木衛学長(69)も。

う~ん・・・

ということで、理事長の経歴や学歴を調べてみました。
眼科の権威らしいです。

名前:臼井正彦(うすいまさひこ)
生年月日:
年齢:77歳(2018年7月5日現在)
出身:静岡県下田
出身校:東京医科大学

「経歴や学歴」

  • 中学までは、地元下田市で学ぶ
  • 都立明正高等学校卒業
    (都立千歳高等学校と統合されて、
    東京都立芦花高等学校となっている)
  • 1966年:東京医科大学卒業
  • 1974~75年:フランスパリ大学オテルデュ病院眼科留学
  • 1978年:東京医科大学眼科学助教授
  • 1987年:同教授
  • 1994年:同主任教授。学校法人東京医科大学理事。東京医科大学病院副院長
  • 2003年:同病院長
  • 2008年:学長
  • 2013年:13代目理事長就任

輝かしい経歴ですね。
コレほど立派な経歴をお持ちな、
人格者でおられるはずが、
今回のようなことを。

著書もたくさん出されており、
眼科における著書多数。

東京医科大学の理念に、
「患者とともに歩む医療人を育てる」
という素晴らしい理念を掲げられています。

その理念に今回されたことは、
正反対なことをされてますよね。

この著書のタイトルをみればみるほど・・・

臼井理事長の著書のタイトルはこちら。

臼井理事長、ご自分の胸に手を当てて、
考えてみてください^^

今年2月の同大医学科の一般入試は、
3535人が受験し214人が合格。
倍率は16・5倍だったそう。

真面目に勉強した学生さんが可愛そうです・・・

スポンサーリンク
 

妻や息子も気になる!

御年77歳。

地位も名誉も手中に収めた男に、
妻や息子はいるのでしょうか?

調べてみると、奥さんは薬剤師で、
子供は3人。

息子さんがいるかどうかは
わかりませんでしたが、
6歳づつ離れていて、
みんなお医者さんになったそうです。

ちなみに末っ子の長女さんは
結婚されているそうですよ。

ん?ということは、上二人は息子さんですね。

二人の息子に、娘一人。
すべて医者。

そして妻は薬剤師。

ヒエラルキーの頂点ですね・・・

最後に一言!

こういうい事って、どの大学でも
行われているのでしょうか?

権力って恐ろしいですね・・・

子供を持つ親として、恥ずかしくない
親でありたいと思うのでした。

それでは今回はこのへんで。

 

スポンサーリンク

こんなところまで読んで下さりありがとうございます!ちょっと面白かったよって思っていただけたら、下にあるソーシャルメディアボタンで、シェアしていただけると、飛び上がるほどうれしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です