ていねプール2019の混雑状況や駐車場は?割引クーポンや口コミも調査!

ウォーターパークていねプールは、
北海道札幌市にあるレジャープール!

北海道もやっぱり夏はプールですよね!
夏休みはお子さんを連れてプールに行こう!

この記事では、ていねプールの
混雑情報や、住所料金などの基本情報
口コミなどをご紹介いたします!

是非おでかけの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
 

ていねプール2019の混雑情報!

ていねプールは、札幌市の
手稲(ていね)にあるプール!

夏休み期間限定の営業になりますので、
ここぞとばかりに大変混雑いたします!

特にお盆期間や土日など、
多くの方がお休みの日はイモ洗い状態
なるのを覚悟しましょう。

営業時間9時半~16時半!
短めの営業時間ということもあり、
空いている時間が少ないです。

混雑時に9時半の開場と同時の入場を
狙うのであれば、9時には待機して
おきたいところ。

9時よりも前に駐車場を確保して
おくことをおすすめいたします!

小型のテントやサンシェードは
持ち込みが禁止されておりませんので、
設置場所を確保したい場合は
気合を入れて朝イチで向かいましょう!

ていねプールには、プール施設が
まとまってる建物があり、
その中に更衣室やシャワー、
レストラン、医務室などがあります。

開場直後は更衣室とそのまわりが
混雑いたしますので、
通路などで人通りに注意しましょう!

また、建物横の広場には売店があります!
売店は、お昼時になると混雑いたしますので、
午前中の早めの時間に購入しておき、
おなかが空いたら食べるというように
工夫するといいでしょう。

おなかが空いてから売店やレストランに
向かうと、混雑していてすきっ腹を抱えて
待つことになりますので注意しましょう;

お弁当等の持ち込みは禁止されていないので、
売店ではなく、持ち込んだものを
食べることができます。
これなら売店の混雑なんて関係ないですよね!

しかし、プールで泳いで疲れているときは
売店の軽食がおいしそうに見えるものです。

お子さんの買って買って攻撃は
覚悟しておきましょう笑

ていねプール2019の基本情報は?

ここでは、ていねプールの
基本情報をチェックしておきましょう!

住所
〒006-0811
北海道札幌市手稲区前田1条5丁目1−1

お問合せ先
011-682-6588

グーグルマップ

アクセス方法

引用元:http://www.teine-pool.jp

電車で行く場合
JR稲積公園駅から徒歩5分

バスで行く場合
JR北海道バス
手稲駅北口←→ていねプール前
地下鉄宮の沢駅前←→ていねプール前

中央バス(ていねプール線)
地下鉄麻生駅←→ていねプール
■運行期間
2019年7月20日(土)~8月18日(日)

営業期間

2019年の営業は
7月13日(土)から!

2019年7月13日(土)~8月25日(日)

子供の夏休み期間って感じですね!
他府県では9月までしているところが、
多いですが、北海道だからですかね。
早めに終わるんですね^^

スポンサーリンク
 

営業時間

午前9時30分~午後4時30分
※悪天候・雷雨等で営業中止になる場合があります。

料金

大人 1,000円
《回数券》(3枚綴り)2,400円

高校生 500円 (学生証が必要です)
《回数券》(3枚綴り)1,200円

小・中学生 390円 (生徒手帳が必要です)
《回数券》(3枚綴り)930円

《シーズン券》
(1シーズン有効)1,300円

65歳以上の方 390円 (年齢がわかるものを提示して下さい)
《回数券》(3枚綴り)930円

回数券が3枚つづりなので、
1シーズン中に使い切りやすい!
何回も行く方は、シーズン券が
お得ですよ!

コインロッカー

コインロッカーは100円があれば
利用できますよ。
ご利用後、100円は返却されますので、
実質無料でご利用できます。

シャワー

更衣室や医務室がそろっている建物に、
シャワー室も完備されてます!

売店

売店メニューはこちら

売店にはフランクフルトやポテト、
あげもちなどの定番の軽食が盛りだくさん!
ブームのタピオカドリンクもありますよ!

お値段も良心的!
小腹がすいたときのために、
空いているときに買っておきましょう!

食堂

食堂メニューはこちら

建物のなかには食堂も完備!
ラーメンやカレーなど、
がっつりしたものを食べられます。

おなかいっぱい食べたいときは、
食堂へいきましょう!

外の売店で売っているメニューも、
一部食堂で買うことができますよ!

ていねプールにはどんなプールがある?

ていねプールの全体マップはこんな感じです。

引用元:http://www.teine-pool.jp

建物をでて左側が、
小学生以上向けのプール
で、
出て右側が、キッズ向けのプール
なっております!

ウォーターストリーム(流水プール)

引用元:http://www.teine-pool.jp

全長250mのビッグな流れるプールです!
行き着く先はエンドレス。
家族で楽しめる楽しいプールです。

ウォーターフォール(スライダープール)

引用元:http://www.teine-pool.jp

高さ8.3m6.6mの高さから滑り降りる、
豪快なスライダー!
大人も充分に楽しめるパワーです。

<対象>
身長120cm以上
※条件に満たないお客様は保護者(中学生以上)
同伴での滑走であれば利用可。
※滑走時ゴーグルは額に着用。

ウォータースライダー

引用元:http://www.teine-pool.jp

全長101mと51mのコースを水流に乗って
一気に滑り降りる、スピードとスリルいっぱいの
巨大なウォータースライダーです。

<対象>
身長120cm以上
※条件に満たないお客様は保護者(中学生以上)
同伴での滑走であれば利用可。
※滑走時ゴーグルは額に着用。

ビッグウェーブ(造波プール)

引用元:http://www.teine-pool.jp

プールでも海のような気分が味わえます!
つぎつぎとおしよせる波に向って体当たり!
白い波しぶきをあげるほどの迫力があります!
ていねプールならではの豪快さですよ。

ウォーターマウンテン

引用元:http://www.teine-pool.jp

雄大な岩山をイメージし、
岩山から滑り降りたり、
洞窟の中を探検することができる、
わくわくできるプールです。

<対象>
小学生以上
滑り台(ウォーターマウンテン内)
身長120cm以上
※同伴滑走不可。
※滑走時ゴーグルは額に着用。

ホワイトマウンテン

引用元:http://www.teine-pool.jp

ホワイトマウンテンは、
小さなお子様専用で楽しく遊べるプールです。

<対象>
身長120cm未満・未就学児
※滑り台の利用は、
上記を満たしたお客様のみ可。
※同伴滑走不可。
一回3分間20名の入替制です。

混雑時は待ち時間が発生します。

キッズランド

引用元:http://www.teine-pool.jp

キッズランドは小さなお子様専用!
保護者の方は同伴で入れますので、
親子で楽しく遊べるプールです。

<対象>
幼児+保護者(中学生以上)のみ可。

スポンサーリンク
 

割引情報!クーポンはある?

ていねプールは、団体割引を利用したり、
障がい者手帳を提示すると減免を受けたり
することができます。

さらに、回数券を利用すれば
1回あたりの利用料がお得になりますよ!

駐車場情報!

駐車場は800台の有料駐車場が
用意されています!

普通車 500円
大型車(バス・大型特殊自動車を含む) 1,000円

ていねプールの駐車場は、
800台とかなり余裕のある広さです。
しかし、近隣の公園を利用する方も
駐車するので注意が必要です。

とくにプール運営期間は、
プール利用客だけで満車になることも!
駐車場は早めに確保しておきたいですね。

周辺のコインパーキングはこんな感じ!

そんなときに便利なのがakippaです!

akippaとは、月ぎめ駐車場の空いている場所や、
個人が所有する駐車場を、時間をきめて
利用できる予約サービス!

空いている駐車場を使うので、
お値段もお手頃!

akippaで周辺駐車場を検索してみる

ていねプールの周辺は、
540円からあるようですよ!

ていねプールの口コミは?

こちらでは、ていねプールの
口コミをチェック!
実際に行った方の声を参考にしてください!

 

回るプール、波のプール、
ウォータースライダーとどれも喜んでいました。
屋外で開放的な感じがよかったです。
水から上がったときの
防寒準備(タオル等)は必須です。あとは皆さん簡易小型テントを
持ってきている方が多いですね。
引用元:https://iko-yo.net/experiences/14640

夏とはいえ北海道!
遊んでいる間は暑くても、
ふとした時に冷えることがあります。
体をつつめるタオルは、
もっていくと便利ですよ!

最近は北海道も最高気温が
本州なみですが、
夕方からの冷え込みにも
注意しましょうね。

4歳息子のプールデビュー♪
また行きたい。と気に入ったようです。
娘ゎ2日連チャンの手稲プールだったので、
背中が真っ赤に日焼けして痛そうでしたが、
キャッキャ楽しんでました。
敷物・小型テント等を持って行くといいです。
引用元: https://iko-yo.net/experiences/23484

小型テントや敷物があると、
その場で休憩ができて便利です。
小さいお子さんを連れているご家族は、
おにいちゃん・おねえちゃんが遊んでいる間、
小さい子を休ませることもできますね。

ていねプールは肯定的な口コミが多く、
みなさんとても満足しているようです!

最後に一言!

いかがでしたか?
今回は、北海道札幌市にある
ていねプールをご紹介いたしました。
プールで楽しく、暑さをふっとばしましょう!

スポンサーリンク

ていねプール2019

こんなところまで読んで下さりありがとうございます!ちょっと面白かったよって思っていただけたら、下にあるソーシャルメディアボタンで、シェアしていただけると、飛び上がるほどうれしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です