みたらし祭2017の期間や駐車場情報!混雑状況や屋台もチェック![下鴨神社]

足つけの神事でも有名な、京都のお祭り、
「御手洗祭り」!

下鴨神社で土用の丑の日あたりに、
行われるのですが、いつも日にちが
よくわからなくなるんですよね^^;

みたらし祭って響きを聞いただけで、
さっそくみたらし団子を想像して
食べたくなりました^^
(すみません!食い意地はってて^^)

御手洗祭はどんなお祭りなのか、
はたまた、みたらし団子は食べられるのか?^^

期間や駐車場情報に混雑状況や屋台など、
いろいろ調べてみました!

それではいってみまっしょう!

ちなみにわたくし、地元民であります^^

スポンサーリンク

御手洗祭って、どんなお祭り?

御手洗祭が開催されるのは、

京都の下鴨神社(しもがもじんじゃ)です。

地元民は「しもじん」と呼ぶ^^

 

正式には賀茂御租(かもみおやじんじゃ)

という名前なのですが、誰も言ってる人を

聞いたことがありません^^;

 

古都京都の文化財のひとつとして、

1994年、世界遺産に登録されています。

 

最近は、

なぜだか境内にパネルが置いてあるんです。

 

そのパネルは、人に化けるタヌキや天狗らが

京都を舞台に大騒動を巻き起こす

アニメ「有頂天家族」の主人公「下鴨矢三郎」!

この作品、バリバリ京都!

出町の三角州の飛び石なんか、

地元の人間からしたら、

めちゃテンション上がります^^

 

聖地巡礼として、記念撮影する人もいるみたいで、

そんなアニメのファン層まで取り込んで、

連日参拝者がたえない下鴨神社。

 

そしてその下鴨神社で行われる、

御手洗祭は、足つけ神事とも呼ばれ、

 

下鴨神社の境内にある『御手洗池』の湧き水に

足を膝まで浸し、ろうそくを持って

社を歩いて罪やけがれを祓い、

 

持ち歩いたろうそくの火を祭壇に灯すことで、

無病息災を祈るお祭りです。

 

ご神徳は、

無病息災・延命長寿に

脚気や足腰の病・安産・かんむし封じ

などが有ります。

 

ろうそくは、みたらし池に入ってすぐの、

小さな祠(ほこら)の火から

献灯してくださいね!

 

それを消えないように、

そろっともって祭壇まで歩いて行って下さい。

 

ろうそくを祭壇に置くときは、

うまいことおいてくださいね。

 

ろうがたれて、「あっつ!」

ってなったりしますから^^

 

参拝用のろうそくは、

お祓い祈願のお供え料300円で、

いただく事ができます。

 

このお供え料は、年々高くなってる気が・・・

昔は100円か200円だったと思うのですが。

 

まあ下神さんも大変でしょうから、

ここは寄付の気持ちで^^

 

21年に一回行われる、式年遷宮。

建物を新しくする「宮移し」の行事のことですね。

 

これにかかる費用が、なんと30億円!

国の補助金と企業の寄付金で約20億が

賄われるといいますが、

残り12億ものお金が必要・・・

 

そりゃ足付けも値上がります^^;

 

マンション建設も行われたので、

少しは潤うかと・・・

 

何にしても大変なのは確か。

色々協力しましょう!

 

水から上がった後は、

御神水を飲むことができますよ。

(意外とぬるかったりします^^)

 

体を清めることができるので、

体の隅々まで行き渡らせるイメージで、

最後まで飲み干しましょう!

 

御札を買えたり、

お守りを買えたりもできますよ。

 

かもの八咫烏のTシャツも売ってました!

1800円なり!


この足型の御札で、無病息災を

お祈りしましょう!

確か初穂料200円だったと思います!

 

いつからいつまで? 開催期間を調べてみました!

 

御手洗祭は、毎年土用の丑の日の、

前後5日間に開催されます。

2017年の開催は、

22日(土)~30日(日)の九日間です。

 

ちなみに今年の土用の丑の日は、7月25日です!

 

土用とは、立春・立夏・立秋・立冬より前の、

約18日間のことを言います。

 

季節ごとにあるんですね~

 

夏の土用が一番有名で、

2017年でいえば8月7日が立秋なので、

7月19日~8月6日の19日間がその期間に当たります。

 

そして丑の日とは「十二支の丑」を指し、

日にちとして数えることで、12日周期で

丑の日が訪れます。

 

ということは、2017年の丑の日は、

2日もあるってことですね!

 

はじめの丑の日を、一の丑

次を二の丑と呼ぶそうです!

 

御手洗祭がそれにちなんで、

さらに開催期間をのばすことは

ありませんが・・・

 

うなぎは2回食べてもいいでしょう!^^

 

ちなみにボクのおすすめはこちらのうなぎ^^

超美味しかったですよ^^

 

おすすめの食べ方は、

引用元:http://item.rakuten.co.jp/shojikiya/01958-chugen/

こんな感じです^^

 

袋のまま沸騰したお湯に入れて5分加熱。

その後、魚焼き器で2分位網焼きすると、

表面カリッと、中はふわっとするみたい^^

 

でも1番簡単な方法は、

レンジにキッチンペーパーを、

濡らしてから敷き、袋から出して、

ラップをして2分ほど加熱!

 

更にふわふわになりますよ^^

 

話を戻して^^

 

年々開催期間が増えてるような。

何年か前までは、4日間だったと記憶しています^^

 

御手洗池は普段は入ることが出来ず、

御手洗祭りの期間のみ開放されます。

 

貴重な機会ですので、是非行ってみましょう!

 

ちなみに、

朝の5時半から夜の9時まで参拝できます。

(いつもは6時から17時30分までです。)

 

長い時間開いているので

とても行きやすいです!

 

ですが注意です!御手洗祭りは

初日の22日土曜日のみ、9時からとなってます!

スポンサーリンク

 

アクセス方法や駐車場は?

 

車の場合は、最寄りのインターは京都南インター

または、京都東インターとなっています。

 

下鴨神社の近くに、

ローソン下鴨西林店があるので、

運転で疲れている場合は

参拝前に休憩するのがおすすめ!

 

駐車場は、神社西側に『西駐車場』が

用意されています。

 

普通車300台、30分200円とのこと。

2時間いても800円ですし、

かなり安心の値段なのでは?

 

ちなみに、周辺の駐車場は、

24時間最大で300円から600円で
(20時から22時以降の夜の場合です)

停められるところもあるようなので、

 

長時間御手洗祭りを楽しみたい方や、

神社まで歩いてもいいよ、

という人は利用するといいでしょう。

 

ですが、敷地内に300台の駐車場があるので、

満車でない限りは敷地内の駐車場を、

利用するのが良いと思います。

 

と、ここまでは一般的な回答です^^;

 

ここからは地元民情報!

でもね・・・めちゃ混んでるんですよね^^;

 

待つこと必死で望むべし!

時間に余裕を持っていかれることを

おすすめします。

 

近くのコインパークも、ほぼ満車。

運が良ければ開いてるってくらいで、

行かれるといいと思います^^

 

できることなら、バスか電車ですかね^^;

 

後これは裏技ですが、出町の市営駐車場に、

とめるのもありですね。

私はこれでいくんですが、

難点は、少し距離があるということ。

 

歩いて、15分位ですかね。

 

それが大丈夫ならこの方法もありですよ!

 

詳しいアクセスはこちらもご確認下さいませ!

 

期間中の混雑状況は?

 

観光に行くとき、一番気になるのは混雑状況ですよね。

観光シーズンの京都はどこでも混んでいるイメージがあります。

 

特に開催期間は子どもたちは夏休みです。

家族連れが多くなるのではないでしょうか。

土日はもちろんですが、平日の夜も混雑が予想されます。

混んでるからこそお祭り気分を味わえますよね。

 

土日は遠方からの観光客が多くなると思いますので

近隣の方は平日の夜に行くのがいいかと思います。

 

といいたいところなんですが・・・

近年混雑具合がすごいことになってるんですよね~

 

ほんとにギュウギュウ^^;

足つけの神事なんかは、30分並ぶなんてザラで、

下手すれば、1時間以上並ぶことも・・・

 

人気アトラクションか!

なんて突っ込んだら、神様に叱られそうなので、

突っ込みませんが、それくらい混んでるのは確か。

 

足つけの神事だけ行こう!

って方は間違いなく朝早めの時間に

行かれることを、強くおすすめします。

 

私は、仕事終わりにいくんですが、

まあすごい混みようです^^;

 

でも疲れた足に、あの冷たい水は、

心地良い^^

 

一気に足の疲れもとってくれるのです^^

 

祭りの雰囲気を味わいたい!

なんて方は、普通に7時8時あたりの、

1番混み合ってる時間に

あえて突っ込んでみて下さい!

 

地元の人なら、近所の人に会う率高し^^

 

屋台はやっぱりみたらし団子がおすすめ!

 

『みたらし祭り』と聞いているとみたらし団子が

食べたくなってくるのですが、

御手洗祭では、みたらし団子の屋台が出ます!

 

みたらし団子の発祥の地と言われる

加茂みたらし茶屋さんも出店されています。

 

大体は、糺の森を抜けて、はじめの鳥居を潜る前辺りに、

出店されていることが多いです。

 

結構並ぶので、

お腹好きすぎのときにいくと、

大変ですよ^^

 

なんと、この御手洗祭りがみたらし団子の

名前の由来となっているようです。

 

御手洗池の湧水の水泡が、

お団子のように見えるかららしいです。

風情がありますね!

 

後、焼き鳥とか、冷やしきゅうり、

かき氷や、唐揚げにフランクフルトに

たこ焼きにたい焼き。

 

最近のかき氷は、昔に比べてふわふわで、

美味しいんですよね~

 

まあ大体は揃ってますね!

 

七味とか売ってる屋台もあったり、

コーヒーの屋台もあったりします!

 

前田のベビーカステラとかも。

これ僕好きです。なんとなく美味しいんですよね~^^

 

ケバブとかもね^^

なんか気のいい兄ちゃんが

「いらしゃませ~↑」って片言で

話しかけてきたりします^^

 

こういうのもお祭りの醍醐味ですよね~

 

子供には、金魚すくいや、ヨーヨー釣り。

綿菓子もありますし、エグゼイド専門のくじ引きも!

 

スーパーボールすくいにミドリガメ釣りも!

クワガタも売ってましたよ~

 

うちの子は色んなトラップに

引っかかってました^^

 

なかなかすすまず^^;

 

後これは神社の外にあるお店なんですが、

矢来餅 ゑびす屋加兵衛さんはおすすめ。

引用元:京都和菓子 – コトログ京都

おいしいですよ^^

 

また、糺の森を通り抜けると

鳥居付近の南西に位置する、

明橋の休憩処、「さるや」さんもあります。

 

こちらではゆっくり座って

甘いものをいただけますよ^^

 

かき氷とか最高!

 

ちなみに屋台はお昼ごろから、

夜の22時位までは、出店されてますよ!

 

絵も期間中屋台が出ない日もあるんだとか・・・

土日は出てると思いますが、

平日は確認してから行かれたほうが

いいかもしれませんね!

 

下鴨神社の電話番号

TEL:075-781-0010
(普段の開閉門時間:6:00~17:30)

 

服装、持ち物に注意!

 

御手洗祭に参拝する場合は、

膝まで水に浸かることを考えて

服装に気を付けなければなりません。

 

本当に結構深いんです^^

深さは、大体50センチくらいあります。

大人の男性で膝くらい。

女性なら膝上。

子供は、お尻くらいですかね。

 

うちの子はビチョビチョでした^^

 

スキニーみたいな細身のパンツなんか、

はいってった日にやあ^^;

 

びしょびしょです・・・

 

ゆったりとした、くくり易いズボンや、

膝丈のスカート、

ショートパンツなどがいいでしょう。

 

また、ろうそくを持って歩くので、

大きな荷物も避けたほうがいいでしょう。

 

あと自分の靴も袋に入れて、持ち歩きます。
(ナイロンの袋は支給されます)

靴箱とかないのでご注意を^^

脱ぎやすい靴がいいですね!

 

ちなみに入口と出口は別ですしね。

おいていったらダメですよ~^^

 

両手が自由になるリュックや、

ショルダーバッグがおすすめです!

 

そしてここのお水は、地下水が流れているので、

めちゃくちゃ冷たいんです!

一年中、夏でも冷たい!

もうね、すごいんです^^

 

心して足をつけてくださいね!

 

ほんとに冷たいですからね^^

 

でも上がった後、不思議と足がポカポカして、

軽くなるから不思議。

 

これも神様のご加護でしょうか。

 

おわりに

 

暑い夏の日に、冷たい水の中を歩くのは、

とても気持ちがいいです。

 

昼と夜でガラリと雰囲気が変わる

御手洗祭りは二度おいしいですよ。

 

観光やデートの合間に、

是非立ち寄ってみてください!

 

それでは今回はこのへんで。

ごきげんよ~

夏が終われば秋がきます!紅葉情報や秋祭り情報!

圓光寺の紅葉2017の見頃時期や見どころに混雑状況は?駐車場情報も!

鞍馬火祭り行き方や開始時間は?見どころや混雑状況も調査!

スポンサーリンク