カルテット最終回のコンサートで帽子(キャップ)の女は誰?手紙の女性なのかも?

カルテット 画像

3月21日のカルテット最終回。

 

色々張り巡らせた、伏線もつながって、

さすがの回になりました。

 

期待を裏切らない脚本。

さすが「東京ラブストーリー」の

脚本家さん!!

(もう知らない人のほうが

多いでしょうが^^;)

ついにやまもとあきこさんと

再開したメンバー。

 

すずめちゃんあんたって人は;;

そしてついに開催された、

大きなホールでの、カルテットのコンサート。

 

そのコンサート会場で、

帽子を目深に被った、

キャップをかぶる女性は

誰なのか気になっちゃいました。

 

ちょっと調べてみますね!

それではいってみまっしょう!

スポンサーリンク

カルテット最終回のコンサートで帽子(キャップ)の女は誰?

 

最高の演奏を見せる、

カルテットのメンバー

その客席にちらっと映った、

キャプを目深にかぶるこの女性。

 

一体誰なんでしょう?

 

ここまで深くかぶられると、

全く誰かわかりません?

 

なんの意味もなくこういう風に

出演させる訳なさそうな、

カルテットの制作陣。

 

誰なんでしょう?

 

手紙の女性なのかも?

 

ネットの声は、

こんな感じでした。

 

「さっきの帽子を被っていた女性が

手紙を書いた人なのかな…。」

 

手紙とは、

コンサートをすると決まった、

ドーナツホールのメンバーに

届いた、手紙のこと。

 

内容はこんな感じ。

カルテット ドーナツホール様

はじめまして。

私は去年の冬カルテットドーナツホールの

演奏を聴いた者です。

 

率直に申し上げ、

ひどいステージだと思いました。

バランスが取れてない。

ボウイングが合ってない。

選曲に一貫性がない。

 

というより一言で言って

みなさんには奏者として

才能がないと思いました。

 

世の中に優れた音楽が

生まれる過程で出来た余計なもの。

 

みなさんの音楽は、

煙突から出た煙のようなものです。

価値もない。意味もない。

必要ない。記憶にも残らない。

 

私は不思議に思いました。

この人たち、煙のくせに何のために

やってるんだろう。

早く辞めてしまえばいいのに。

 

私は5年前に奏者を辞めました。

自分が煙であることに

いち早く気付いたからです。

 

自分のしてる愚かさに気づき、

すっぱりとやめました。

正しい選択でした。

 

本日またお店を訪ねたのは

みなさんに直接お聞きしたかったからです。

 

どうして辞めないんですか?

煙の分際で、続けることに

一体何があるんだろう。

 

この疑問は、この一年間ずっと

私の頭から離れません。

教えてください。

価値はあると思いますか?

意味はあると思いますか?

将来があると思いますか?

なぜ続けるんですか?

なぜ辞めないんですか?

なぜ?

教えてください。お願いします。

スポンサーリンク

 

以前に行ったコンサートの演奏の

批判のようにも受けて取れるし、

この手紙の主の後悔を晴らしてほしいと言う、

願いのようにも取れる、意味深な内容。

 

ほ~!!

椎名林檎さんなの!?

 

帽子かぶってたのが、

椎名林檎さんで、

 

演奏を下手であろうと何であろうと、

つながりを求める4人が、

続けているのを見て、

 

羨ましくもあるっていう感情も

何処かに感じて取れた内容の手紙を、

贈ったのが椎名林檎さん。

 

5年前に音楽やめました。

っていうのが、東京事変の解散のときのこと。

これが最後のアルバム・・・

これがホントなら、本当に深い!

 

めっちゃ目深に被った帽子並みに

深い!!!!

 

てか、椎名林檎さんは今どんな思いで、

歌っているんでしょう?

 

そんなことも気になった、

カルテットの最終回でした。

この意見も深イイ!^^

そんな深読みをする中で・・・

そうなん^^;

 

そして、

最後のエンディングは、

ドラマの話の中での、

この曲!

カルテットの制作陣すごいな!

 

最後に近いシーンで、いつものリビングで、

パセリを囲んで、これまたいつもの家森節^^

唐揚げにレモンに続いての名言出た^^

「サンキューパセリ」

ちなみにパセリの花言葉は・・・

坂元先生!あなたっって人は!

 

それでは今回はこのへんで。

ごきげんよ~

カルテットロス!!

カルテットのエンディング(主題歌)の動画がみたい!発売日もチェック!

カルテット最終回のコンサート会場はどこ?ドーナツホールの曲名も!

スポンサーリンク